金色の昼下がり

子持ちのFP2級がプリキュア(スタプリ)について割と全力で感想・考察・分析するブログ。書籍や映画のレビュー、節約キャンペーン情報もあります

スタートゥインクルプリキュア 22話 感想 全力考察 遼じいと春吉が尊い(前編)【スタプリ】

 スタプリ22話、春吉さんがとにかくかわいかったですね。

 これまでにも熱を込めて語ってきた通り私は春吉さんや冬貴さん(まどかパパ)のような不器用だけど本当は他人想いなキャラクターが大好きなので、ほっこりとした気持ちで視聴していました。

 

 この記事はスター☆トゥインクルプリキュア22話の感想考察です。22話のネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

 

※後編の記事はこちらから

 

 

星奈陽一もグイグイ来る

f:id:kirinnekokun:20190708232436j:plain
f:id:kirinnekokun:20190708225944j:plain
出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

プルンス「グイグイ来るでプルンス! デジャヴでプルンス!」

 

 ついに登場したひかるさんのお父さん・その名も星奈陽一。

 登場して間もなくララの触覚を触ったりプルンスの足を掴んだり、このグイグイ来る感じはまさにスタプリ1話の星奈ひかるさんを彷彿とさせます(プルンスが「デジャヴ」といっているのは、おそらく1話のひかるさんのことだと思われます)

 

 この親にしてこの子あり。

 あとキラやば~もお父さん譲りであるという衝撃の事実も発覚しましたね。キラやば~!

 

UMA伝承と人間心理の相関

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 ここに来てまどかさんがUMAについてめちゃめちゃ詳しいことが発覚しました。ネッシーやツチノコ、イエティの解説はてっきりひかるさんがやると思っていたら、まどかさんがほとんどやってくれました。

 

 まどかさんがどこでそんな知識を得たのかというと、父の書斎にあった本を読んでいたからとのことです(こんなところでも父・冬貴さんのことを尊敬している描写がされていて、冬貴とまどかの関係が大好きな私はとても幸せな気分になりました)

 

 なかでも陽一さんの書いた本、『UMA伝承と人間心理の相関』はまどかさんにもとても面白かったようで、陽一さんに会えたことを嬉しそうにはしゃいでいます。

香久矢まどか

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 

めっちゃ生き生きしてる!

 

 ひかるさんは自分の趣味について同じ熱量をもって話せる友達がいなくて、一人で過ごすことも多かったようですが、まどかさんとはUMAについて話が合うのですね。

 

 「まどか、UMAについて詳しいの!?キラやば~!」みたいな会話が今回なかったのを見ると、放送されていないところで、二人は以前からUMAについて語り合っていたのかもしれません。もしそうであるなら、直後のシーンでえれなさんが「まどか詳しいね~」と初めて知ったような発言をしていたので、えれなさんはひかるさんに先を越されていたことになります。えれなさんの嫉妬案件ですね。

 

※『UMA伝承と人間心理の相関』ですが、そのタイトルから考えるに、「UMA伝承が人間心理にどのような影響を与えているか」「人間心理がUMA伝承にどのような影響を与えているか」というようなことを書いたものなのでしょうか?

 

 まどかさんが父親を尊敬していたからこそ、オークションで競り勝つことができたことについて考察した記事です。

www.konjikiblog.com

 

 

冬貴と陽一は知り合い?

f:id:kirinnekokun:20190708103637j:plain

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 まどかパパ・冬貴さんは陽一さんの本を読んでいるようですが、もしかしたら二人が学生時代からの旧友だったりする可能性もあるかもしれません。

 二人とも宇宙が大好きで語り合う仲だったんだけど、まどかパパは未確認生物を危険だと捉え、ひかる父は好意的に捉え、本当は仲良しだったのに、二人の関係は破綻し…みたいな。

 

 そんな二人が最終的には協力してノットレイダーに立ち向かうという展開を妄想して、私は一人で勝手に胸を熱くしています。

 

カッパの英才教育

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 ひかるさんがなぜカッパ好きなのかについて、幼い頃から英才教育を施されていたことが判明しました。陽一さんと幼いひかるさんがUMAを探したときの回想で、真っ先に出てくるのはカッパです。

 

 ひかるの母・輝美さんも隙あらば漫画にカッパを入れようとしてきますし、ひかるの祖母・陽子さんは「※おかっぱ頭」ですし、星奈家は遺伝的にカッパが好きなのだという考えは、私のなかで妄想から確信めいたものに変わってきました(いや、妄想だよ)

 

※おかっぱ頭の語源はカッパから来ているようです。

参考:おかっぱ - 語源由来辞典

 

 星奈の母と娘が猛烈にカッパを推していた18話の考察です。

www.konjikiblog.com

 

サマーンには誕生日を祝う文化がない?

f:id:kirinnekokun:20190708201140j:plain

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

AI「本日はララ様の誕生日です」

ララ「オヨ」 

 

 今日はララの誕生日! みんなでお祝いしなくちゃ!

 そんな雰囲気になるものの、当のララはあまり乗る気じゃないというか、関心がない様子。

 

 なぜララが一歩引いたような態度を取っていたのか、次の仮説を考えてみました。

  1. ララの母星・惑星サマーンには個人の誕生日を祝う文化がない
  2. 本当はひかるだけに祝って欲しかった

 

 1の場合。

 スタプリ2話で、AIが「地球の年齢に換算するとララは13歳」というようなことをいっていましたので、惑星サマーンでは地球とは異なる暦を使用していることがうかがえます。

 サマーンの暦が具体的にどういったものなのかは不明ですが、たとえば1日が8時間しかないのであれば、誕生日という文化は根付かなさそうです。

 また、ただ単にそういう祝い事は存在しないという可能性もあります。

 

 あるいは、昔の日本のように正月などで一斉に歳を取って、みんなでお祝いをするような文化なのかもしれませんし、サマーン人の赤ちゃんは年に1度の特定の日、つまり七夕の日にしか誕生しないようになっていて特別感がまったくないのかもしれません。

 

 2の場合。

 これ以上何かいう必要があるでしょうか(いや、ない)

 

 ちなみにサマーンでは誕生日を祝うのは子どもだけなので大人のララは興味を示さなかったという説もちらっと考えてみたんですが、その場合ララは「わたしは大人ルン!」「地球では大人も誕生日祝いをするルン?」とかいいそうだなって。

 

ぷるんすた~ドーナツ

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 小ネタです。

 私は今回の話で気付いたんですが、プルンスの作っているドーナツはどうやら「ぷるんすた~ドーナツ」というみたいですね。語呂がいい。ちゃっかりロゴ(シール?)まで作っていて、プルンスの本気ぶりがうかがえます。

 

 過去の話を振り返ってみると、スタプリ9話でプルンスがロケット内に「ぷるんすた~ドーナツ製造機」を作ったといっていて、それが「ぷるんすた~ドーナツ」の初登場だと思います。

 

 スタプリ9話はまどかさんが初めて商店街に行った話で、ひかまどが尊かった話で、その裏でひかララのキスシーンが…ってやめましょうかこの話は。

www.konjikiblog.com

  

血は争えない:ひかるの祖父はひかるの祖父

 バーベキューに混じらずに一人で過ごそうとしていた春吉さん。そこへララがやってきたときのシーンを見ていると、「ああ、やっぱりひかるさんは春吉さんの遺伝子を受け継いでいるんだな」と思いました。

 

 ひかるさんと春吉さんを見比べてみましょう。

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第15話(左)第22話(右)(C)ABC-A・東映アニメーション
出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 

シンクロ率高い…!

 

※ちなみにこのシーンで春吉さんがコメディタッチに描かれているのは、視聴者から好感を得ることで、春吉さんにも感情移入をしやすくするためのものだと考えられます。

 

遼ちゃんと春ちゃんの関係性

出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 自分が育て方を間違えたせいで陽一は外国に行ってしまったのではないかと気落ちする春吉さん。そんな春吉さんのことを、遼じいは「春ちゃん」と呼びます。遼じいは「春ちゃん」と呼びます。「春ちゃん」と呼びます。

 

春ちゃん?

 

 しかも春吉さんは春吉さんで遼じいのことを「遼ちゃん」と呼びます。

 

遼ちゃん??

  

 

 二人のあいだで名前呼びイベントならぬちゃん呼びイベントが発生していたのだと思うとめっちゃ尊くないですか。


遼「星奈君…いや、春吉君」
春「君付けはよせよ、俺達の仲だろ?」
遼「春ちゃん…!」
春「ちゃん!?」

 

 みたいな妄想を思わずしてしまいました。

 

 さておき、実際のところ性格真逆な二人ですが、春吉さんは遼じいのことをとても信頼している様子です。

 おそらく二人はそれなりに友情を育んできたのでしょう。本編では尺の都合上そこまで語られそうにはありませんが、こういうときこそ、イマジネーションです。遼じいと春吉さんの若かりし頃について、想像力を膨らませようではありませんか。

 

幼い頃の星奈ひかる、かわいすぎ問題

 子ども時代のひかるさんのかわいさの威力については、母子回のスタプリ18話においても遺憾なく発揮されていましたが、今回も今回とてめちゃめちゃかわいかったです。

 

 しかも今回は、小さい頃から徐々に成長していくひかるさんを見ることができます。

 

星奈ひかる、子ども、かわいい
出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 

か、かわいい……

 

 成長するにつれて少しずつ髪の毛が伸びているのが分かりますが、その笑顔のかわいさ、エンジェル具合についてはいつの時代においても健在です。

 画像のひかるさんは、左から順に「保育園/幼稚園」~「小学校低学年」~「小学校高学年」くらいなのでしょうか。ありがたすぎる……。

 

 ひかるさんの幼少期の笑顔はこのときも大天使でした(スタプリ18話)

www.konjikiblog.com

 

今日のひかララも尊い

ひかララ、尊い
出典:スター☆トゥインクルプリキュア 第22話(C)ABC-A・東映アニメーション

 前編のしめはひかララで。

 最近は絡みの少な目だったひかララでしたが、今回は冒頭からやってくれました。

 ひかるさんが嬉しそうに肩を抱き寄せながら頬ずりしているのも尊いですし、ララがちょっと引き気味になっているところがまた何ともいえず(最高です)

 

 もう一つ注目していただきたいのは、そんなひかララを温かい目で見守るえれなさんとまどかさんの存在です。おそらく二人の間では「またやってるね」「またやってますね」「ふふっ」「ふふっ」みたいな穏やかな会話がされていることでしょう。

 ひかララだけではなくえれまどの要素も入っていて、一度で二度おいしいカットでした。本当にありがとうございました。

 

 ひかララが好きすぎて何を血迷ったかひかララの短編を書きました(恥)※全年齢向け
www.konjikiblog.com

  

スタプリ22話の感想考察まとめ(前編)

  • 冬貴と陽一が旧友だったら尊い
  • 遼じいと春吉が旧友っぽくて尊い
  • サマーンには誕生日を祝う文化がないのかも
  • 隙あらばカパひか
  • 久々のひかララに涙

 

  前回のスタプリ21話の感想考察です。計算し尽くされた構成力や伏線回収にはただただ脱帽でした。

www.konjikiblog.com

 

  姫ノ城桜子さんが6人目のプリキュアになる可能性はあるのでしょうか?

 なる根拠/ならない根拠のそれぞれに焦点を当てて考察してみました。

www.konjikiblog.com

 

 ここまで書いて気付いたことがあります。

 

考察っぽい考察ほとんどしてない…!

 

 妄想まみれの記事で申し訳ございません。

 後半の記事は書き終え次第、また記事にします。

 

(2019年7月9日:追記)

 アップしました↓

www.konjikiblog.com

 

※過去のスタプリの感想、考察記事については、このページのいちばん下にある「プリキュア考察」のボタンか(スマホ版)、いちばん上の「プリキュア感想考察」のボタン(PC版)から移動できます。