金色の昼下がり

子持ちのFP2級がプリキュア(スタプリ)について割と全力で感想・考察・分析するブログ。書籍や映画のレビュー、節約キャンペーン情報もあります

アニメの奇跡、あるいは奇跡のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』感想・レビュー

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』を見ました。

 最初に申し上げておきますと、私はアニメ本編は未視聴です。見たことがありません。原作の小説も読んだこともありません。

 

f:id:kirinnekokun:20190921235110p:plain

出典:(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 

 じゃあ何で見たんだよという話ですが、いろいろと噂を聞いていると、「この映画は百合なのでは…?」という予感を覚えたからです。

 

 いきなり「外伝」から観賞して楽しめるか若干不安でしたが、結論から先に言いますと、そんなことはまったくの杞憂でした。

 特にこれといった考察もせず、ネタバレなしで、ただ面白かったということだけを書きたいと思います。

 

 

 

本編未視聴でも楽しめる外伝

 本編を理解していないとまったく話が分からない、という筋の物語ではないので、私のように本編未視聴でも十分に楽しめるかと思います。

 

 もっとも、主人公が意味深な言動をする場面もいくつかあったので、「たぶん本編を見ている人にはいまの意味が分かるんだろうな~」と思わないわけでもないですが、いずれも物語の核心には関わるものではないので、気になるほどではないです。

 

あまりの美しさに我を忘れる

 さすが京アニというかなんというか、いや、京アニについてそれほど語れるほど知っているわけではないんですが、キャラクターの動作がまるで生きているようで、見ていて目を奪われてしまいました。

 

 本作は熱い戦闘シーンもなければ、縦横無尽に動き回るシーンもありません。会話をしたり、手紙を書いたりと、「静」と「動」でいえば、圧倒的に「静」の場面が多いです。

 

「静」の場面が多い作品だと、中には見ていて飽きてしまうものもありますが、本作についてはまったくといっていいほど飽きを感じませんでした。

 

 ただただ、我を忘れて、映画の世界に没頭していました。

 

 長編映画を見ていると、たとえ映画館であっても、見ている途中で「あと何分くらいで終わりだろう?」という邪念が頭をよぎることもありますが、本作に至ってはまったくそのようなことはありませんでした。

 

 気付いたら、エンドロールが流れていた。

 

 まさに、そんな感じです。

 

素晴らしき百合の波動を感じた…けど、

 本作の百合もまた大変尊くて素晴らしかったです。

 もともとは百合を期待して足を運んだこともあり、描かれていた百合についてはただありがとうございますという感じでした。

 

 けど。

 

 正直に言うと、途中から私は自分が「百合目当て」この映画を見に来ていたことを忘れていました。もちろん百合もよかったんですが、私は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』という作品そのものに惚れ込んでしまったのです。要するに、「百合があるから好き」ではなく、ただただ、「この作品が好き」になってしまったわけです。

 

私は常に泣いていた

 泣けるシーンで泣ける映画というのはたくさんありますが、普通のシーンでも涙が出てくる映画というのはそれほど多くありません。私にとって本作は圧倒的に後者であり、泣けるシーンで泣き、普通のシーンでもぼろぼろ泣いていました。

 

 泣けるシーンで泣くのは分かるんですよ。

 印象的な台詞と合わせて、音楽がバーンとなったり、カメラがぶわーっと動いたり、キャラクターが泣いたり、「絶対に泣かせてやる」という強い意志を感じるシーンでは私もよく泣きます。実際、本作でも、そういう「泣けるポイント」では号泣していました。

 

 しかし、私はそれ以外のシーンでもぼろぼろ泣いていました。

 なぜ泣いていたのかというと、自分でも分かりません。ただただ、涙が止まらなかったのです。人は素晴らしい芸術作品を目にすると思わず涙してしまうものですが、まさにそんな感じです。

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という作品に、私は身も心も奪われてしまったようです。

 

↓素晴らしい芸術作品の例

f:id:kirinnekokun:20190922000831j:plain

『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』ピエール=オーギュスト・ルノワール(public domain)

 

終わりに

 つらつらと書きましたが、もうこの一言に尽きます。

 

 見に来て、よかった。

 

 素晴らしい作品をありがとうございました。

 本編、見ます。

 

 天気の子も面白かったです。時系列順(「0:07」であれば上映7分後という意味)に気になった点について考察しています。

www.konjikiblog.com

 

 少女とアンドロイドの最高に尊い百合漫画です。無料で読めるのでぜひ。私は大好きです。

www.konjikiblog.com