金色の昼下がり

夫婦子持ちのFP2級がプリキュア(スタプリ)について割と全力で感想・考察・分析するブログ。書籍や映画のレビュー、節約キャンペーン情報もあります

【スタプリSS・小説】『カッパと相合傘』※カパひかの二次創作

f:id:kirinnekokun:20191217211110j:plain

  次週、スタプリ45話の妄想をしていると、知らず知らずのうちにカパひかの二次創作ができていました。

 

 

 決着をつけたカパひかが、相合傘をする話です。

 

(カパひか/全年齢/1500字程度)

 

※トップ画像はSouvick Ghosh氏によるPixabayからのフリー画像です

 

 

『カッパと相合傘』

 

 ――馬鹿な異星人だ。

 

 カッパードは雨でびしょ濡れの星奈ひかるを見つめながら独りごちる。傘がないのではない。持っているのに、それを自分で使わず、あろうことかカッパードに差し出しているのだ。

 

「……そんなもの、オレには必要ない」

「知ってるよ。だって、カッパードは水陸宇宙両生だもんね」

「じゃあ、なぜだ。なぜオレに差し出す。それが必要なのは、むしろ、お前の方だろう」

 

 星奈ひかるの唇は青くなっている。

 カッパードは苛立ちを隠せない。地球人にとって、真冬の雨は冷たすぎる――その程度のことは、いくらカッパードでも容易に想像がついた。

 

「ねえ、カッパード。今日はどんな天気?」

「……意味が分からん。突然どうした」

「地球ではね。今日みたいな土砂降りの日は、『天気が悪い』って言うんだ。わたしたちは、雨に濡れると、体調を崩したりするし、服も汚れちゃうから。……でも、カッパードにとっては、この雨はぜんぜん平気なんでしょ? それどころか、元気が湧いてくるんだよね。だったら、カッパードは、こういう天気のことを何て言うんだろうなって、気になって」

 

 星奈ひかるは、真っすぐな目をカッパードに向けている。

 カッパードは答えない。じっと、その目を睨み続ける。

 

 ――この小娘は、何を考えているか、まったく分からんな。

 

 幼い頃。

 カッパードの脳裏に、物心がついて初めて異星人と出会ったときのことが蘇る。

 言葉は通じるが、見た目は全然違うし、何を考えているのかも分からない、同い年くらいの異星人だった。それは覚えている。しかし、そんな相手に自分がどう対応したのか、カッパードはもう、思い出すことができない。

 

 雷鳴が轟く。稲妻が星奈ひかるの顔を照らす。彼女の目は、ひと時も逸らされることなく、カッパードを見つめ続けている。

 

「……お前は変な人間だな」

「うん。よく言われる」

「教えてくれ。その生意気な口を黙らせるにはどうしたらいい?」

「侵略以外のやり方で?」

 

 ニッと白い歯を見せながら、星奈ひかるが軽口を叩く。

 

「……そうだな。オレはそれしか知らない。それしか、知らないのだよ」

 

 カッパードは思わず苦笑する。 

 前に足を踏み出し、傘の中に入る。空から降り注ぐ雨粒が、傘の表面を叩く。

 

「さあ、傘の中に侵略してやったぞ」

「ふふっ。これは侵略って言わないよ」

「ほう。では、何と言う?」

「えーっとね、これはね、」

 

 ぐい、と星奈ひかるも傘の中に入る。

 その顔が、カッパードの顔に近付けられる。

 

「――歩み寄り、って言うのかな?」

 

 同じ傘に二人で入ることを何と言うのか、カッパードは知らない。その行為が何を意味するのかも、理解していない。

 この先、カッパードがその意味を知るかどうかは、彼が地球の文化を知っていくかどうかにかかっている。

 

「……お前はさっき、『天気が悪い』と言ったな」

「うん」

「だが、お前の想像通り、オレたちにとってこの天気は悪くない。オレたちから言わせれば、これは『良い天気』だ」

 

 カッパードは空を見上げながら、故郷の風景を思い浮かべる。

 あの美しい光景を、もう一度見たい。

 長年、憎悪と悲哀、そして諦念の泥に埋もれていた望みが、久方ぶりに顔を出す。

 

「……わたし、もっと、知りたいな」

 

 視線を下げると、キラキラ輝く目がこちらを見ていることにカッパードは気付く。その頬は、ほんのりと赤らんでいる。

 

「ねえ、カッパード――」

 

 そのとき、カッパードは思い出した。

 物心がついて、初めて同い年くらいの異星人と出会ったとき、何と声をかければいいのか分からなかった。幼いカッパードは、唇をぎゅっと結んで、無言で相手を見つめることしかできなかった。

 

 すると、その子はカッパードに、こう言ったのだ。

 

「――あなたのことが、知りたいな」

 

 目の前の少女のように。どこか気恥ずかしそうに、はにかみながら。

 

 傘の中は窮屈で、雨に当たることもできない。だが、もう少しだけこうしているのも悪くないか、とカッパードは思った。

 

 

 了

 

その他のスタプリSS

  Twitterでつぶやいていたテンえれの小話のまとめです。最後は結婚します。

www.konjikiblog.com

 

『塩味の紅茶』

 ユニと和解した後のアイワーンちゃんが、惑星レインボーのお祭りに行くかどうか悩んでいると…という話です。

www.konjikiblog.com

 

 『正しい温泉の入り方』

 和解後のアイワーンちゃんが、温泉の入り方を知らないユニに、入り方を教えてあげる話です。ユニアイです。

www.konjikiblog.com

 

 気が付けばSSの数が増えてきたので、カテゴリを作りました。

 このページのいちばん下にある「プリキュアSS・二次創作」のボタンか(スマホ版)、サイドバー(右側)にある「プリキュアSS・二次創作」のボタン(PC版)から移動できます。

 

 これまでひかユニやひかララばかり書いており、節操がなくて申し訳ありませんが、カパひかも好きなのです…。また何か思いついたらカパひかも書きたいです。

 読んでいただきありがとうございました。